花と私、時々虫たち

静岡市清水区を縦断する巴川沿いをのんびり散歩しながら、花や昆虫の写真を撮っています。

タグ:Batis240CF

α7R VI を買って何が楽しいかって、そりゃあ、画像を拡大してみた時の、あの「おぉ!」って感じですよ。今まで見たことがなかった、もう半端ない解像感。そりゃあもう、癖になりますよ~。「そんなの、写真の善し悪しに関係ねぇ。」と言う声が聞こえてきますが、まあまあ、 ...

何年かぶりで、葵区の城北公園を訪れました。名物の枝垂れ桜は、だいたい五分咲き、ってところでした。【葵区・城北公園】 SONY α7R IV / Carl Zeiss Batis 2/40 CF / F5.6 AE / ISO100 / JPEG【葵区・城北公園】 SONY α7R IV / SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS / F4.5 AE ...

仕事の合間に少し時間が空いたので、埠頭にある何十年もほったらかしの廃墟(元は魚市塲)へ行ってきました。ブラックミストをレンズに付けて、ちょっとノスタルジックな写真を目指したことで、私の気分もアゲアゲに。短時間に十二分に写真撮影を楽しむことが出来ましたよ~ ...

今まで何度か述べてきた、α7R VI のレリーズタイムラグが長すぎる件。これがどうにも我慢ができなくなってきました。そんなことから始まった散財騒ぎ。その顛末とは・・・【麻機】SONY α7R IV / SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS / F2.8 AE(+0.3) / ISO100 / RAW(APS-Cモー ...

今日は早起きし、朝から昼過ぎまで、河津桜を撮ってきました。気合いを入れ、α7R IV と5本のレンズを持って、トータル・・・なんキロでしょうか?正確な重さはわかりませんが、フラッシュや付属品を含めて、DOMKE の F2 がパンパンにふくれるほど。こんなに機材を持ちだした ...

広角レンズを手に入れては手放し、また違うレンズを手に入れては手放し・・・私はいったい、何本のレンズで同じことを繰り返してきたのでしょうか。苦手なんですよ、広角レンズ。そもそも、何を撮って良いのか、そこのところが分からず、街を歩いていても、全然被写体が見つ ...

X-H1 から α7R IV に乗り換える理由の一つとなったのが、寄れるレンズが多いこと。と言うか、SONY用のレンズラインナップ自体が 豊富なんですけどね。それでも、相当数のレンズが寄りに強いのは、一眼レフ時代にはなかった特徴。理屈はよく分かりませんが、ミラーレス機なら ...

くっそ高い α7R IV を選んだ言い訳を。α7R IV の一番の特徴と言えば、6000万を越える高画素。別に大きなサイズで印刷する予定は無いので、高画素自体に興味はありません。興味があったのは、相当大きくトリミングできる、ってこと。これ、花も昆虫も撮るマクロ好きには、結 ...

私は X-H1 を大変気に入っています。持った時のフィーリングが良く、いざシャッタを切れば、その品の良さにうなる、と。撮れる画も、これまた非常に良い色で、実に私好み。全く不満が無い訳ではありませんが、今まで使ったものの中でも一、二を争うほど気に入っているカメラ ...

↑このページのトップヘ