NIKON から OLYMPUS へ出戻りしてから初めて、本格的にマクロ撮影をしに出かけました。
ただし、カメラは E-M1 じゃありません。

昆虫を撮る時、常々思うことは、やはりカメラは2台持ちしたい、と言うことです。

NIKON のサンヨンを手に入れてから、寄れる望遠レンズがメインになり、OLYMPUS へ移行した後も、引き続き40-150mm+テレコンをメインに据えています。
マクロレンズと違い、寄れる望遠レンズの場合、チョウを離れた場所から大きく撮れるので、逃げられる可能性が圧倒的に少ないのが有り難いのです。
そして、昆虫の中で一番撮りたいのは何?、と聞かれれば、それはやはり綺麗なチョウなんですね~。

ところが、フィールドではチョウばかり見つかる訳では無く、ふと視線を落とした先に小さなゾウムシを見つけた時など、さすがにマクロレンズがないと話しになりません。
そこで、レンズ交換をする訳ですが、この一手間を省きたいのです。
昆虫が相手の場合は、見つけてすぐに撮らないと逃げられる恐れがあるため、マクロレンズを付けたカメラをバッグから取り出してサッと撮る・・・すなわち、二台持ちがベストな布陣なのですね。

ということで、E-M5 MARK2 を買ってみました。
先日ゲリラ的に開催されたマップカメラの中古夜市で、新同品の高倍率ズームキットが9万を切る値段で出ていたので、ここぞとばかりにポチ。
E-M1導入と同時に中古の出物を探していたので、衝動買いじゃ無いですよ~(笑)
ちなみに、キットレンズは写りがイマイチ気に入らなかったので、速攻で処分しました。


と言う訳で、今日は少し気合いを入れ、サンヨンと40-150ズーム、そして60マクロと言うほぼフル装備で山原へ出かけました。



_8200069
【山原】 OLYMPUS E-M5 Mk2 / M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 MACRO / F7.1・1/60 / ISO200 / JPEG


現地へ着いてベンチで休憩していると、ひらひらとウラギンちゃんがやってきて、私のカメラバッグに止まりました。
どうやらバッグに染みこんだ私の汗を吸っている様子。

大丈夫か?汚い中年男の汗なんて吸って(笑)



_8200055
【山原】 OLYMPUS E-M5 Mk2 / M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 MACRO / F7.1・1/60 / ISO200 / 付属フラッシュ / RAW


よほど私の汗が気に入ったのか、夢中になって吸っているので、近寄っても逃げる素振りがありません。
そこで、NIKON機では滅多にしなかった高倍率撮影を試みました。

m4/3も久しぶり、高倍率撮影も久しぶり。
そのせいか、絞りの設定が・・・
もうちょっと絞るべきでしたねぇ。
あ!E-M1の深度合成を試す絶好の機会でしたね・・・(涙)



_8200073
【山原】 OLYMPUS E-M5 Mk2 / M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 MACRO / F5.6・1/60 / ISO200 / JPEG


これで等倍と2倍の中間位でしょうか。
この倍率が手持ち1/60でさしたる苦労も無く撮れるなんて、やはりOLYMPUSの手ブレ補正は素晴らしいですねぇ。



_8200088
【山原】 OLYMPUS E-M5 Mk2 / M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 MACRO / F5.6・1/160 / ISO640 / JPEG


この写真は、地面に両膝を付けて撮影しています。
いくらオリの手ブレ補正が優秀だったとしても、さすがにこのような高倍率マクロの場合、二本足で立ったままでは安定しません。

とは言え、NIKONなら躊躇せずフラッシュを焚いていたところを、オリだとノーフラッシュで撮れる。
やはり「マクロのオリンパス」の名は、伊達じゃありませんね~。



_8200038
【山原】 OLYMPUS E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 + MC-14 / F6.3・1/400 / ISO1250 / RAW


サンヨンも相変わらず絶好調。
テレコンと組み合わせれば、ハチでも十分な大きさで撮ることができます。

見よ!この解像度!!って感じで、バラハキリバチの特徴ある行動を、とてもシャープに切り取ることができました(喜)
・・・メチャクチャ重いですけどね(笑)



_8200053
【山原】 OLYMPUS E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 + MC-14 / F11・1/1600 / ISO200 / RAW


上空に舞う二頭のアゲハチョウ。
どうやら、モンキアゲハがナミアゲハを追い払っているようです。

このような咄嗟の被写体のために、シャッター優先AEをマイセットに登録し、なおかつファンクションボタンに割り当てています。
露出補正をする暇が無かったので、どアンダーな写真でしたが、なんとか現像で見られる写真になりました。



_8200060
【山原】 OLYMPUS E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 / F5.6・1/80 / ISO200 / JPEG


_8200061
【山原】 OLYMPUS E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 / F4・1/200 / ISO200 / JPEG


せっかくなので、2本のプロレンズを比較してみました。

JPEG撮って出しですが、全然違いがわかりません。
強いて言うならば、サンヨンの方は少しブレています(爆)

本音を言うと、サンヨンが圧倒的に優れた画質であって欲しかった!
だって、価格差がぁ・・・