終日休みだった今日は、本当は城北浄化センターの花菖蒲鑑賞会へ行く予定でした。
以前から楽しみにしていたのですが、悪い予感が当たって生憎の雨。
会自体は雨天決行とのことですが、写真が撮れないんじゃ楽しさ半減です。
少し悩みましたが、結局行くのを諦め、部屋の整理などをしていました。

午後4時近くになってふと外を見ると、雨が上がっている様子。
家から徒歩1分もかからない裏路地で、雨上がりのアジサイでも撮ってきましょうかね~。


_DSC2790
【長崎】 NIKON D500 / TAMRON SP 90mm  F/2.8 Di MACRO VC USD / F4.5・1/500 / ISO200 / JPEG


_DSC2803
【長崎】 NIKON D500 / TAMRON SP 90mm  F/2.8 Di MACRO VC USD / F8・1/160 / ISO250 / JPEG


_DSC2865
【長崎】 NIKON D500 / TAMRON SP 90mm  F/2.8 Di MACRO VC USD / F3.5・1/500 / ISO200 / RAW


_DSC2940
【長崎】 NIKON D500 / TAMRON SP 90mm  F/2.8 Di MACRO VC USD / F5・1/640 / ISO200 / RAW


私は花を撮る時、主に二通りのピクチャーコントロールを使い分けています。

一つ目は、VIVIDをベースにコントラスト、明瞭度、彩度を下げ、ほんの少し明るさを上げたもの。
そしてもう一つは、PORTRAITをベースに彩度を上げたものです。
また、時々は素のままのVIVIDも使います。

どのピクチャーコントロールを使うか、あらかじめ決めている訳ではなく、その時の気分次第で指定しています。


_DSC2909
【長崎】 NIKON D500 / TAMRON SP 90mm  F/2.8 Di MACRO VC USD / F4.5・1/400 / ISO200 / JPEG


_DSC2967
【長崎】 NIKON D500 / TAMRON SP 90mm  F/2.8 Di MACRO VC USD / F5.6・1/160 / ISO250 / JPEG


_DSC2891
【長崎】 NIKON D500 / TAMRON SP 90mm  F/2.8 Di MACRO VC USD / F11・1/160 / ISO360 / JPEG


ところで D500 の AE ですが、SP90 だと露出が不安定です。
曇り空の今日は、だいたい2段アンダーに出ましたが、いつもそうだとは限らないのがよくわからないところです。。
面白いことに、犬猿の仲(ですよね?)のシグマ150マクロでは、それほどおかしな露出は出ません。

新しい処理エンジンになって、またぞろ測光ロジックをこったものにしたのでしょうが、サードパーティのレンズ好きとしてはいい迷惑です。
純正レンズで測光が正確になったのならば、私も素直に喜びますが、今のところ測光精度が上がった実感は、全くありません。

ここはいっそ原点に戻って、5分割位のパターン測光でよろしいんじゃないでしょうか。
フィルム機のF5の評価測光なんて非常に優秀で、露出補正の頻度はそれほど多くありませんもの。

過ぎたるは及ばざるがごとし。
NIKONも一介の素人から言われたくないでしょうが、言っちゃうもんね~(笑)