最近見た中で、結構ビックリした虫たちをご紹介します。



_D723908
【山原】 NIKON D7200 / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR / F9・1/125 / ISO200 / SB-910 / RAW


川沿いの林道を歩いていた時、目にとまった大きなカのような虫。
全長は1cmを超えていたと思います。
光の当たらない場所にいたのですが、金色に眩しく光る体がよく目立ちます。
急いでシャッタを切りましたが、1枚撮って画像を確認している間に逃げられました。

撮れた画像を拡大して見ると、腰を抜かしそうなほど驚きましたよ。
何故って、口吻が3本!
しかも、釣り針のように返しが付いています。
なんちゅ~恐ろしい姿でしょうか。

家に帰って調べたところ、トワダオオカというカで、どう猛な姿形とは違い、動物の血は吸わず吸蜜するらしいです。
それにしたって、この口吻でどうやって蜜を吸うんでしょうか。
ひょっとして、伸びるのかなあ?



_DSC1052
【長崎】 NIKON D500 / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II / F13・1/320 / ISO1000 / RAW


_DSC1041
【長崎】 NIKON D500 / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II / F10・1/320 / ISO1100 / RAW


こちらは、巴川沿いの遊歩道脇にある草むらで見つけたガです。
大きさは、5cm位あったでしょうか。
体色が派手なので、すぐに目に入りました。

翅の模様に特徴があり、スパイダーマンしてますね(笑)
ものすごい立体感があるリアルな模様に、最初は本当にネットでもまとっているのかと思いました。
と言うか、こうやって写真で見ても、本物のネット状の物体にしか見えません。
凄いですねぇ。


_DSC1034
【長崎】 NIKON D500 / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II / F6.3・1/320 / ISO250 / RAW


この子、時々激しく翅を動かすことをします。
近づいた時にこの動作をしたので、ひょっとしたら警告なのかもしれません。
その割に逃げることはせず、しばらくお付き合いしてくれました。

翅を激しく動かし、なおかつ飛び上がらない、と言うのは、私の知っている力学理論に反している気がしますが、この辺りを学校の先生にお聞きしてみたいですな(笑)


_DSC1055
【長崎】 NIKON D500 / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II / F13・1/320 / ISO1100 / RAW


_DSC1059
【長崎】 NIKON D500 / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14E II / F13・1/320 / ISO1400 / RAW


身体はぽっちゃり系で、厚みがあります。
こんなに全身毛で覆われていたら、これからの季節、さぞかし辛かろうと思うのですが・・・

この子の名は、トビイロトラガと言うようです。
こんな奇抜な特徴があるくせに、普通種なんですって。
ちょっとガッカリ(笑)



_D724413
【長崎】 NIKON D7200 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F10・1/320 / ISO640 / RAW


黒いキリギリスは・・・う~ん、見た記憶がありませんね。
しかもこの子、翅が生えていないように見えます。
ひょっとしたら、突然変異か新種じゃないの?

と、思うことは、今まで多々ありましたが、一度たりとも新種発見には至っていません。
残念っ。

この子はヒメギス。
羽が生えていない(ように見えるだけ?)のは、恐らく幼虫だからだと思います。



私の家の周りにも、まだまだ見たことが無い昆虫がわんさかいるんでしょう。
それらを見つけることが、毎年とても楽しみです。

そうじゃなければ、これからどんどん暑くなる季節なんて、生きてられませんものね~。