以前から問題になっている撮り鉄のマナーの悪さ。
傍若無人な話を聞くにつれ、私も写真を趣味とする一人として、苦虫を噛み潰したような思いをしてきました。
なにも撮り鉄だけに限った話では無く、水芭蕉で有名な尾瀬の湿地帯で、狭い遊歩道を三脚でふさいで他人の通行の邪魔をするとか、ひどい人になると湿地帯に三脚を入れてしまうなどと言う話は、かなり昔から聞いています。

また、私自身の経験として、カワセミ狙いの人が何人も、下手すれば十数人もが一か所に三脚を乱立させるため、非常に邪魔な思いをしたことも、一度や二度ではありません。
カワセミを狙うポイントは限られていると言いますが、そんなことはありません。
歩き回っていると、色々なところで見かけますよ。
背景が良い場所とか、ダイブとかホバが見られる餌場とか、最適な場所はあるのでしょうが、人様に迷惑を掛けてまで写真を撮りたいのかしら、と思います。


DSCF4822
【長崎】 FUJIFILM FinePix S3 Pro / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR / JPEG(F0/Standard)


そもそも、当人たちは迷惑行為を自覚しているのでしょうか?
私が思うに、自覚している人としていない人、両方がいると思います。

自覚している人、言わば確信犯は、簡単にいうとわがままな人。自分の欲望だけを考えているのですね。
自覚していない人は、親の育て方が間違えたかどうか知りませんが、気遣いのできない人。
いずれにしろ、両者とも社会性に乏しい人なのでしょう。
実に、恥ずかしい話です。

だが、しかし・・・


DSCF4846
【長崎】 FUJIFILM FinePix S3 Pro / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR / JPEG(F0/Standard)


つい先日、真岡鉄道での出来事が話題に上りました。
鉄道を撮るために、地元の人が育てている菜の花畑に入り込む輩に対し、鉄道会社が苦言を呈した、と言うあらましです。
またか~、と言うのが第一印象でしたが、ふと思ったことがありました。

もしこれが、菜の花畑で無く、私有地でもなかったとしたらどうだったのか?
恐らくこれだけ大きな話にはならなかったでしょうし、少なくともニュースバリューがあるとは思えません。


DSCF4914
【鳥坂】 FUJIFILM FinePix S3 Pro / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR / RAW


雑草がぼうぼう生えている空き地。
昆虫を求めて分け入る私。
帰りのことも考えて、踏み倒した雑草が直ぐに元に戻らないよう、根元を硬めに踏んづける。

きれいな花じゃなくて雑草だからいい?
実はそこまで考えている訳では無く、無意識に行動しているだけなのです。

「雑草と言う名の草はない」と仰り、草刈りをした侍従をたしなめたのは、かの昭和天皇でした。


DSCF4839
【長崎】 FUJIFILM FinePix S3 Pro / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR / JPEG(F0/Standard)


近所の悪ガキどもと連れ添って、家のそばにあった田園地帯を探検した幼少期。
花畑を踏み荒らして歩く私。
レンゲの花を必要以上にたくさん摘み、ネックレスを作る妹。
捕まえたカエルのお尻に爆竹を仕掛ける友。

撮り鉄の話を聞いた後に、こうやって昔を思い出しても、ことさら罪悪感は覚えません。
懐かしい思い出の一コマに過ぎないのです。

「そうやって自然にふれあい、命の大切さを知る」

ふっ。
もっともらしい言い訳に過ぎませんな。

私が今までしてきた行動、これからもするであろう行動。
それを考えると、私に撮り鉄を批判する資格が、果たしてあるのであろうか・・・


DSCF4832
【長崎】 FUJIFILM FinePix S3 Pro / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR / JPEG(F0/Standard)


このような問題を深く考えると、人間が持っている自己矛盾に行きつきます。
殺生の愚かさを切々と我が子に諭しながら焼肉を食い、花を愛でながら雑草を刈る。
このご都合主義の「人間」と言うものに関して、説明する言語があるとすれば、哲学、或は宗教に求めるしか無いのでしょうね。

「人間はなんと業が深いものなのか」
この言葉で納得するしか術がない私は、余りに知見に欠けています。
そのことが悔しい。


DSCF4892
【長崎】 FUJIFILM FinePix S3 Pro / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR / JPEG(F0/Standard)


欲望のためにルールを破り傍若無人に振る舞う撮り鉄と、雑草をかき分け昆虫を探す私。
花を撮るために、邪魔な草をそっと、しかし無慈悲にむしる私。
つい今し方、目の前を飛んでいた蚊をつぶした私。

迷惑撮り鉄と私の間に本質的な違いは無いのではないかと言う、私の内なる声。
私は彼らとは違うという確固たる理屈を、どなたか教えていただけないだろうか。