いやはや、驚きの連続です。
評判が良いことは知っていましたが、10年以上前のカメラで、まさかこれほど素晴らしい色合いが出るとは・・・


DSCF4415
【楠新田】 FUJIFILM FinePix S3 Pro / AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G / JPEG(F2/Fujichrome)


DSCF4405
【長崎】 FUJIFILM FinePix S3 Pro / AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G / JPEG(F1/Studio Portrait)


DSCF4419
【長崎新田】 FUJIFILM FinePix S3 Pro / AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G / JPEG(F0/Standard)


DSCF4384
【長崎】 FUJIFILM FinePix S3 Pro / AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G / JPEG(F0/Standard)


DSCF4422
【長崎新田】 FUJIFILM FinePix S3 Pro / AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G / JPEG(F0/Standard)


1番上の写真のポジ色。
2番目の艶めかしさ。
4、5番目の驚異的なハイライトの粘り。

驚きを超えて、こりゃもう何かの間違えじゃないか、とさえ思います。


DSCF4454
【長崎】 FUJIFILM FinePix S3 Pro / AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G / JPEG(F0/Standard)


DSCF4439
【楠】 FUJIFILM FinePix S3 Pro / AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G / JPEG(F0/Standard)


最後の2枚は、今日の夕方6時半頃に撮った写真です。
辺りが刻々と暗くなっていく中、ISO800で撮りましたが、ノイズの少なさ、高い解像感、色乗りの良さ、どれをとっても素晴らしいとしか言いようがない画質です。

これはもう、X-T1を超えた、いや、X-T1が超えられなかったと言うべきか、そんな気もしてきますね~。


ところで一つお断りを。
今回上げた写真はJPEGで撮ったのですが、その全てに後処理を入れています。
素のままのJPEGだと、WBがイマイチなことに加え、ちょっと眠いのです。
そこで、WBとコントラストを中心に、画像が破綻しない程度に手を入れました。

本当はRAWで撮りたいのですが、1枚書き込むのに10秒近くかかり、その間バッファの許す限り撮り続けることはできるものの、ちょっとかったるいため、JPEG(600メガ)で撮っているのです。
ちなみに、RAWのファイルサイズは、ビックリの24.5MB!
X-T1のそれは30MB以上あるので、ファイルサイズは超えられなかったようですな(笑)

このカメラの記録メディアは、懐かしのXDピクチャカード。
昔、オリンパスのコンデジで使っていた1GBのヤツを、用途はないと思いながらも残しておいて正解でした。
まさか、再び使う日が来るとは思っても見ませんでしたよ。
一応、CFも使えるので、Transcendの32GB(1000xタイプ)を使ってみましたが、驚いたことにXDの方が書き込みが早いのです。
変なの~。