今日は朝から麻機の桜まつりに行ってきました。

狙いは河津桜と鳥。
前日の夜、持っていく機材をどうしようかと悩んだのですが、久しぶりの遠出(って程でもないけど)に根性を入れ、D4にサンヨン、X-T1に標準ニッパチズームと90mm、60mmマクロに決めました。
こうなると、普段愛用しているDOMKEのF-3Xには入り切りません。
F-2でも良いけれど、かなりの距離を歩く覚悟でしたので、loweproの大型リュックタイプを持ち出しました。

まぁ、今までの経験から、力を入れると空振りする事が往々にしてあることを知っているので、写真の神様にからかわれないよう、なるべく平静を装って出かけました。

で、祭りの会場に着いてみると、あらまぁ、大音響のど演歌とかハワイアンが流れておりまして、どうやら桜そっちのけで地元敬老会のカラオケ大会がメインのお祭りに来てしまったようです。
嗚呼、日本の風情が・・・
いや、カラオケも日本の風情と言えばそうなのかも(笑)

もちろん、写真を撮るのもそこそこに会場を後にし、3工区の方へ行ってみました。


鳥を狙うため、サンヨンには1.7倍のテレコンを付けっぱなしにしました。
昨日までの試写では、1.7倍のテレコンでも十分な画質と感じましたが、さて・・・


_ND46925
【葵区・麻機遊水地】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / RAW

絞り:F9、SS:1/1000、ISO400


_ND46983
【葵区・麻機遊水地】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / RAW

絞り:F9、SS:1/1250、ISO400


_ND47088
【葵区・麻機遊水地】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / RAW

絞り:F10、SS:1/640、ISO400


うん!
やはり実用になる写りじゃないですか!!

・・・と思うのは、ちょっと早合点です。
実はですね、随分AFに泣かされたのですよ。

今日は全てAF-Cで撮りましたが、常時ではないものの、初動にもたつく場合があります。
そして、思ったよりピントが合っていないカットも多く、「これは一体何故だろう」、「こんなものなのかなぁ」、などとガッカリしていました。

その内に、その理由がおぼろげながらわかってきました。
どうやら、被写体がシロサギなど高輝度のものや、木陰の暗い場所にいる黒っぽい鳥には、AFの初動が遅くなったり、ピント精度が落ちるようです。

って、当たり前の結論じゃん(笑)
でも、今までD4を使っていて、このような経験はほとんどありませんでした。
ってことは、AFの問題は、やはりこのレンズ固有の現象なのだと思うのですが・・・

また、連写をしていると、AFの追従性が極端に悪くなり、ピンぼけカットが量産されます。
私の腕もあるとは思いますが、少なくとも今まで使ってきたレンズよりは、連写時のピントが合いにくいです。
このあたり、テレコンの影響が大きいのではないかと感じています。
もしくは、手ブレ補正が最適化されていない可能性も捨てきれませんね。


_ND47135
【葵区・麻機遊水地】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / RAW

絞り:F9、SS:1/1600、ISO2500


_ND47051
【葵区・麻機遊水地】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / RAW

絞り:F9、SS:1/500、ISO1000


_ND47133
【葵区・流通センター】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / RAW

絞り:F9、SS:1/1600、ISO1250


他に気がついた事と言えば、撮影条件にもよりますが、どうもハイライトの粘りがなくなり、同時にシャドーが浮いてしまうようです。
要するに、コントラストが低下した、ぼんやり写真になってしまう事があるのです。
これに関しては、今までも他のレンズに1.7倍テレコンを付けた時に感じた事ですので、いくら優秀な単焦点レンズとは言え、倍率の高いテレコンを付けた時に起こりえる事なのでしょうね。

そう言えば、このレンズの特徴である「回折なんちゃら機構?」は、フレアが出やすいようなことを聞きました。
ひょっとすると、フレアの影響でAFセンサーの機能低下や、画質のコントラスト低下が起こるのではないかと・・・


また、「回折なんちゃら機構」は色収差の補正に優れているそうですが、実際はパープルフリンジが結構出ますよ~。
JPEGだと自動補正されるからわかりませんが、RAWだと丸わかりです。

それから、テレコンを付けると周辺光量落ちが結構目立ちます。
開放から一段絞ったF9でも、パッと見て分かる程度に周辺が落ち込みます。
(今回上げた空バックの写真は、後処理を入れてあります)

まぁ、いずれも後処理で何とかできるレベルではありますが、撮影時のテンションは下がりますねぇ。




_ND46948
【葵区・麻機遊水地】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / RAW

絞り:F9、SS:1/640、ISO400


_ND46954
【葵区・麻機遊水地】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / RAW

絞り:F9、SS:1/800、ISO400


すぐ近くにヘリポートがあるので、高度を落としたヘリが頭上を行き交っていました。
ヘリをこんなに大きく撮った経験がないので、何の気なしに撮っている内に面白くなってしまい、鳥そっちのけで爆音が近づくのを待っていました(笑)


まぁ、そこそこ充実した一日ではありました。