やっと仕事が一段落しました。
と言っても、全部片づいた訳では無く、あくまで中休みですけどね~。

少し前から散歩コースにある梅が咲き始めたので、昨日今日と機材を変えて撮ってきました。
とりあえず、D4にシグマの150マクロの組み合わせから、ご覧頂こうと思います。


_ND45168
【楠】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / JPEG


ずっと使っていない気がするシグマの150mmマクロ。
溺愛のあまり、かつては「正妻」などとほざいていましたが、タムロンの最新SP90を手に入れてからは、そちらばかり使っており、やはり古女房は気が向いたときにチョコっと触るだけ、と言うよくある展開に(笑)

ところが、使い始めてすぐ、手ブレ補正が効かないことに気が付きました。
浮気心がばれたのでしょうか。
慌ててレンズ接点を拭き、着脱を繰り返したものの、変化なし。
そこで、ダメ元で手ブレ補正スイッチをオンオフしようとしたのですが、メチャクチャ堅くなっています。
チャチで操作し難いスイッチを強めに押し、やっとこさスイッチは動きましたが、相変わらず手ブレ補正は効きません。

修理いくらかなぁ、とガッカリしながらも、まぁしょうがないと諦めてしばらく使っていたところ、いつのまにか正常に動作するじゃありませんか。

なに、これ?

手ブレ補正機構の詳細はわかりませんが、ひょっとして潤滑油みたいなものが入っているとすると、寒さで動作出来なかったのかも知れませんね。

常に触ってないと潤いが足りなくなるなんて、正しく、女房と同じですね~(笑)

まぁ、機嫌が直ったから良し、ってことで。


_ND45148
【楠】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / RAW


D4でのJPEG設定は、NEUTRALに彩度と輪郭強調を+1してあります。
これだとちょっと色が地味になりますが、トーンが綺麗に出るので、後処理に打って付けです。
ちなみに、後処理にはNX-DやCaptureNXは使わず、LightRoomを使っているため、JPEGに直接手を入れています。

JPEGに後から手を入れるよりも、RAW現像することの方が多いのですが、最近は特に面倒くさがりの性格に拍車がかかったようでして、JPEGをチャチャっと直して終わりにすることが増えてきました。
その内RAW現像なんてやらなくなるかも知れませんね~(笑)


_ND45054
【楠】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / RAW

_ND45124
【楠】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / JPEG


今回撮った白梅は、既に結構傷みが進んでいて、綺麗な花を探すのが大変でした。
花びらが汚れていたり、シベが長くだら~んと垂れている花が画面に入ることが多いため、画角が狭くボケ量も多い長焦点レンズは便利です。


_ND45087
【楠】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / NIKON R1C1 / RAW


ふと気が付くと、ファインダの隅に何やら動くものが・・・

あらまぁビックリ!
ガガンボじゃないですか。

ガガンボって、花の蜜を吸うのですねぇ。
と言うか、今の時期にもう出てくるの?
やはり暖冬なのでしょうか。

曇りがちな天気でしたので、なにかの表現に使えるかと思って持って行ったマクロフラッシュが、思わぬところで役に立ちました。


_ND45220
【楠】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / JPEG


枝垂れ梅には日本的な風情を強く感じますが、構図が難しいんですよね。
こちらの場合も、背景が整理し易い長焦点レンズの方が、より撮りやすいと思います。