花、って言ったらVELVIA。

な~んて事は、今どき、幼稚園児でも知ってます。

でもですね、せっかく他にもたくさんのフィルムシミュレーションがあるんだから、使わないともったいないと思うのですよ。

ちょっと使ってみますか。




_DSF2944
【秋葉山公園】 FUJIFILM X-H1 / XF 80mm F2.8 R LM OIS WR Macro + XF1.4X TC WR / F4.5・1/250 / ISO200 / JPEG(VELVIA)


とりあえず、事実上の標準色であるPROVIA。
全然アリ、ですね。
ただ、緑色がちょっとだけくすむ感じがするので、そこだけが気になりますけど。

この写真のように、雨降り前のフラットな光線状態で鮮やかな花を撮ると、VELVIAよりしっとりとした感じになって良い・・・かも(笑)




_DSF3019
【秋葉山公園】 FUJIFILM X-H1 / XF 80mm F2.8 R LM OIS WR Macro + XF1.4X TC WR / F8 AE(+0.3) / ISO640 / RAW(ASTIA)


続いて、VELVIAに次いで彩度が高いASTIA。
これもアリ、ですね~。

ところで私、フィルムのASTIAは、リバーサルの中でも結構使った方だと思いますが、こんな感じじゃなかったですよ(笑)
もうちょっとコントラストが低くて、それでいてシャドーが結構締まるので、使いにくかった印象です。


さて、ここまでは問題なし。
FUJIの人も、PROVIAやASTIAで花を撮ることを、十分想定してると思いますから。
で、これからが問題なんですよね。



_DSF2958
【秋葉山公園】 FUJIFILM X-H1 / XF 80mm F2.8 R LM OIS WR Macro + XF1.4X TC WR / F4 AE / ISO200 / JPEG(CLASSIC CHROME)


この渋い発色は、CLASSIC CHROME。
写す花の種類を選べば、十分アリなんじゃないかとは思いますが、じゃあどんな花に合うのかと問われると、ちょっと困ります。
あまり人気がない花、って答えはいかがでしょうか?(笑)

暗めに撮ると、何と言うか、誇張しない色気、みたいなものを感じる・・・こともあるかも。




_DSF3004
【秋葉山公園】 FUJIFILM X-H1 / XF 80mm F2.8 R LM OIS WR Macro + XF1.4X TC WR / F4 AE(+0.3) / ISO200 / RAW(ETERNA)


X-H1で追加されたフィルムシミュレーション、ETERNA。
いかんせん眠たい画しか撮れないので、後処理でシャドーを締めて彩度をほんの少し上げてみました。
もうこうなってくると、良いのか悪いのか、全然判断が付きませんな(笑)

とりあえずの印象としては、画面内に色がたくさんあるときに使うとダメ。
暗い調子で撮ると、印象が浅くなりすぎてダメ。
逆に明るい調子で撮ると、不思議なノスタルジーを感じる・・・時もあります。
ぱっと見の印象が同じようなCLASSIC CHROMEとは、この点、逆な感じですね。




_DSF3189
【秋葉山公園】 FUJIFILM X-H1 / XF 80mm F2.8 R LM OIS WR Macro + XF1.4X TC WR / F4 AE(+0.3) / ISO400 / RAW(PRO NEG. HI) ※トリミング


私の中で、一番遣いどころが分からない、PRO NEG. HI。
ネガフィルムをシミュレートしたんでしょうけど、なんだか特徴が良く分かりません。
強いて言うと、色合いを誇張しないで調子を硬くした、って感じなんじゃないかと思います。

まぁこれも、明るい色の花には向かないかなぁ。


ここへ来て、記事を書くのにだんだん飽きてきました(爆)



_DSF2953
【秋葉山公園】 FUJIFILM X-H1 / XF 80mm F2.8 R LM OIS WR Macro + XF1.4X TC WR / F4 AE(+0.7) / ISO200 / RAW(ACROS)


モノクロ系のACROS。
私はフィルムのACROSは、たった一本しか使ったことがないので、全然印象が残っていません。
プロの人の評判が良いと聞くので、きっと優秀なモードなんでしょう。
私には、到底理解できませんが(爆)



_DSF3200
【秋葉山公園】 FUJIFILM X-H1 / XF 80mm F2.8 R LM OIS WR Macro + XF1.4X TC WR / F5.6 AE(+0.7) / ISO400 / JPEG(VELVIA)


で、最後にはVELVIAに戻る、と(笑)
VELVIAは色が綺麗なのが魅力ですが、ハイライトにも色が残っているところが気に入っています。


結局の所、花はVELVIA。
これで良し、ってことで!