久しぶりにカメラ機材を買いました。
オリンパスの新型ツインフラッシュ  STF-8 です。



_1020567
【遊木の里】 Panasonic GX8 / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 + MC-14 / F8・1/640 / ISO800 / RAW



フォトパスポイントが少し余っていたので、量販店の最安値と同じくらいの値段で、オリのオンラインショップで買いました。
昨夜に届き、早速開梱。

うむ。
E3 や、初代E-M5で使っていたSTF-22に比べると、かなりの軽量小型化がなされ、使い勝手が大幅に向上しているのが嬉しいです。

STF-22はコントローラが大きすぎて、前方へカメラがお辞儀しちゃうんですよ。
おまけに、カールコードが太くて重く、フラッシュヘッドの照射角調整用の可動部が非常に頼りないため、ちょっと手がカールコードに触れただけで、フラッシュヘッドの位置が簡単にずれてしまうのです。
また、カメラに装着するのに、下手すると3分以上掛かっちゃう・・・と言う、最悪なフラッシュでした。



_1020507
【遊木の里】 Panasonic GX8 / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 + MC-14 / F5.6・1/640 / ISO1250 / RAW



当初、STF-8の発売記事を読んだ時は、それほど興味が湧かなかったのです。
相変わらず有線タイプなので、たとえ小型軽量化されたとしても、扱いにくいだろうと思ったからです。
外部フラッシュのリモート発光には対応しているくせに、なぜ自分がリモート発光ではないのか。
オリは昔からリモート発光が得意なはずなのに・・・非常に不思議です。

そんな感じで、STF-8の存在自体を忘れていたのですが、先日ふと何かの記事で、STF-8が深度合成に対応していると聞いて、なぬ?ホント!?
それじゃあ話しは違います。
少し位扱いにくかったとしても、大いにそそられる仕様です。

で、ポチ。



_1020905
【遊木の里】 Panasonic GX8 / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 + MC-14 / F8・1/640 / ISO1600 / RAW



それでは、いざ試し撮り。
夜なので、残念ながら室内ですが。

・・・あれ?

写真の右端が真っ暗じゃん。
右側ヘッドの照射角を調整して、と、
ついでにディフューザ付けてみるかね。

それにしても、かなり指向性が強いよね。
こんなんで、使い物になるのか?

ん?
相変わらず右端の影は変わらず・・・
なんででしょ。

ま、まさか・・・



_1020689
【遊木の里】 Panasonic GX8 / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 + MC-14 / F5.6・1/250 / ISO800 / RAW



!?
あのぉ、右側が発光してませんけど・・・

設定は間違っていないし、こりゃあ初期不良だね(涙)



_1020910
【遊木の里】 Panasonic GX8 / M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 + MC-14 / F8・1/640 / ISO640 / RAW



オリンパス君。
このところのあなた、大丈夫ですか?

E-M1のストラップ環が外れるという、ありえない展開に続き、またまた私を襲った悲劇。
それに加え、私のE-M1は、プレイボタンを押して画像表示中に、どのボタンを押しても撮影状態に戻ってしまうと言う不可解な現象も、割と頻繁に見られます。

まぁ、初期不良なんて一定の確率であるのでしょうが、いざそれが自分の身に降りかかるとなると、落胆を通り越して怒りに近い感情が生まれますな。

今後もこんなことが続くようなら、機材一式売り払って、SONYかNIKONに出戻りするゾ~(笑)