オリンパスのPROレンズシリーズの中に、40-150mm F2.8と言うズームがあります。
これ、ずっと前から欲しいんですよ。

今までこのレンズで撮られた色々な写真を拝見してきましたが、大変素晴らしい画質です。
別売りの1.4倍テレコンを付けた写真も、私には画質の劣化がまるっきり分からず、フルサイズ換算で400mmオーバ/撮影倍率0.6倍弱と言う、花や昆虫好きからすると、かなりそそるスペックを誇ります。

「そんなに欲しいなら、買っちゃえば~。」
と言う声はごもっともですが、私はオリのボディーを持っていないのですよ(爆)

発売が再開される E-M10 mk2 を、このレンズと共に狙っているのですが、いかんせんニコン、富士と合わせて3マウント体制となると、金銭的に維持できそうにありません。

当分の間は、スペック的には見劣りするものの、X-T1用の50-140mm F2.8で我慢するしかなさそうです。


_DSF9455-Edit
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / JPEG(VELVIA)


ズーム範囲が似通っているので、「スペック的には見劣りする」と書きましたが、実際は全然別なタイプのレンズと考えた方が良さそうです。

活躍の場は、主に風景ってことになると思いますが、まあまあな撮影倍率(フルサイズ換算で0.18倍)を生かし、花やチョウなどの大きめの昆虫に、何とか使い出を見いだしています。


_DSF9320
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / JPEG(PROVIA)


画質はもう、お見事の一言。
愛用しているニコンの70-200mm F4より、一皮むけた透明感です。
もっともこれは、FUJIのセンサーや画作りのお陰かも知れませんが、解像度やボケ味においても一枚上手なようです。


_DSF9417
【葵区・瀬名川】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / JPEG(VELVIA)


拡大してご覧になればお分かりでしょうが、チョウの描写が大変シャープです。
煩雑な背景(コンクリートの地面です)も、これだけボケ味がキレイだと許せます。

ところでこの写真、違和感を覚えた方はいらっしゃいますか?

実は、横写真を左に90度回転してあるのです。
単なる思いつきでやってみたのですが、このように回転した写真は、必ずどこかに違和感を覚えるものですが、この写真は自然に思いませんか?


_DSF9471
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / JPEG(PROVIA) ※トリミング


鳥を狙うには、ちょっと力不足でしょうか。
まぁ、この写真のように、鳥を風景の一部として扱うしかなさそうです。


_DSF9475
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / JPEG(PROVIA)

花を撮る場合も、周りの環境を入れながら、叙情的な写真を目指せばよろしいかと。

果たして、私の写真が叙情的かどうか。。。
そんなことは放っておいてください(爆)


_DSF9316-Edit
【自宅より】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / JPEG(VELVIA) ※Photoshopで横写真3枚を合成


先日の記事でも述べましたが、もうすぐ1.4倍テレコンが発売開始になります。
これがもう少し安ければ、レンズの活躍の場が飛躍的に増えるのですが・・・ねぇ。